- Blog記事一覧 -脊柱管狭窄症の相談

脊柱管狭窄症の相談

2023.01.16 | Category: 上半身,下半身

当院では、

コロナウィルス対策として

3つの密(密閉・密集・密接)を避ける対策をとっております。

・密閉⇒院内窓・入口ドアを開放しての換気

・密集⇒使用するベットを少なくして距離を空ける

    密集を避けるため、来院時のご予約のお願い

・密接⇒マスクの着用、アルコール消毒の徹底

・オゾン発生器による空間除菌

当院では、

コロナウィルス対策として

3つの密(密閉・密集・密接)を避ける対策をとっております。

・密閉⇒院内窓・入口ドアを開放しての換気

・密集⇒使用するベットを少なくして距離を空ける

    密集を避けるため、来院時のご予約のお願い

・密接⇒マスクの着用、アルコール消毒の徹底

・オゾン発生器による空間除菌

長引く腰痛で病院を受診し、

レントゲンとMRIで検査した結果、

腰部脊柱管狭窄症と診断され、

今、症状として出ている腰痛も、

脊柱管狭窄症の影響と言われ、

脊柱管狭窄症を治せますか、という相談をうけました。

そもそもですが...、

腰部脊柱管狭窄症の主な症状は、

下肢の痛み(足の痛みや痺れなど)で、

腰痛は無いわけではありませんが、下肢の痛み・痺れが主な症状です。

そして、

脊柱管狭窄症を治せるか、ですが、

狭くなった脊柱管を手術以外の方法で、

広くする方法はありません。

しかし、

この患者さんのように、

脊柱管狭窄症で腰痛というのは、

脊柱管狭窄症以外の何かが問題になっていることも多く、

何が腰痛を起こしているのか??というのを、

しっかり明確にする必要があるんです。

また、

脊柱管狭窄症の症状である下肢の痛みの症状でも、

腰部の脊柱管に負担をかけやすい身体の動きや姿勢を

改善させることで症状を軽減させることもできます。

当院では、

よくありがちな腰のマッサージではなく、

体幹や股関節、足部など、

腰に影響が強い箇所の機能をチェックし、

機能低下や可動域の低下、など、

問題が起きている箇所の運動療法を行い、

症状の改善を目指して治療を行っております。

脊柱管狭窄症でお悩みの方、

腰痛の原因は脊柱管狭窄症と言われた方、

腰痛でお悩みの方、

腰痛で治療に行ってもマッサージしかされない方、

腰痛の原因は歪み、と言われている方、

腰痛は治らないと諦めている方、など、

気になる方は当院まで。

千歳船橋駅前整骨院

千歳船橋駅前鍼灸院

アクセス情報

所在地

〒156-0055
東京都世田谷区船橋1-29-2

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜日

ご予約について

当院は予約優先制となっております。