- Blog記事一覧 -しゃがむと膝が痛い

しゃがむと膝が痛い

2020.12.16 | Category: 下半身

当院では、

コロナウィルス対策として

3つの密(密閉・密集・密接)を避ける対策をとっております。

・密閉⇒院内窓・入口ドアを開放しての換気

・密集⇒使用するベットを少なくして距離を空ける

    密集を避けるため、来院時のご予約のお願い

・密接⇒マスクの着用、アルコール消毒の徹底

肘の怪我をしてしまい、

1~2ヶ月くらい運動を中止していたが、

怪我が治ったので運動を再開したところ、

ウォーミングアップで膝の屈伸をすると膝が痛く、

完全にしゃがみこむことができない、

という患者さんが来院されました。

医療機関も受診しているそうで、

レントゲン検査の結果は問題無く、

当院でも靭帯などの損傷を検査しても問題ありませんでした。

そのため、

下半身の筋力や関節の可動域、

屈伸動作や歩行動作を確認したことろ、

太ももの裏にあるハムストリングという筋肉と、

膝の裏にある膝窩筋という筋肉がうまく使えていないことが解りました。

膝関節には、関節を安定させる筋肉と関節を動かす筋肉があり、

太ももの裏側だと、

ハムストリングが関節を動かす筋肉、

膝窩筋が関節を安定させる筋肉になります。

この二つの筋肉が正しく使えていないと、

膝関節の不安定性が出てしまい、

屈伸時に膝関節の痛みが発生してしまいます。

(もちろん、屈伸時の痛みの原因は膝窩筋だけではありませんよ。)

この患者さんも、さっそくこの二つの筋肉に対して、

運動療法を行ったところ、

完全にしゃがみこんでも痛くない、と言っていました。

このように、

今、出ている症状には必ず原因があります。

そしてその原因は個々の身体によって違います。

歪みだから、加齢だから、筋力不足だから、など、

ありきたりな説明しかされないで治療を続けている方、

気になる方は当院まで。

正しい治療・正しい整骨院

千歳船橋駅前整骨院

千歳船橋駅前鍼灸院

アクセス情報

所在地

〒156-0055
東京都世田谷区船橋1-29-2

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜日

ご予約について

当院は予約優先制となっております。